トレイルランニング初心者が0から

トレイルレースを完走するために必要なこととは?

 

2017年 1月21日() @東京・青梅高水山


 

※※お申込締切日:1月14日(土)※※


 

_2016-12-28_16.37.14.png


 

もしあなたが今までに、少しでもトレイルランニングについて興味を持ったことがあるのなら、ここから先の文章はきっとあなたのお役に立てるはずです。

 

なぜなら、これからお話することがあなたの一歩を踏み出す「きっかけ」になると思うからです。

 

トレイルランニングに興味はあるけど、トライしたことがないという方は、山を走ることに対して、こんなハードルを感じてしまってはいないでしょうか?

 

近くに山を走る環境がない・・・ 
怪我をするのが怖い・・・
知識がないから走れない・・・
色んな装備を揃えるのが大変・・・

 

事実、日本能率協会総合研究所が2014年に発表したトレイルランニングに関する実態調査によると、トレイルランニング参加人口はマラソン・ジョギング実施者の3.2%しかいないとのこと。

 

確かに、トレイルランニングはスタートするのにいくつかのハードルが存在します。

 

ただ、ロードランニングにはない楽しみがあるのも事実です。

 

実際に「山に魅了された」人達も多いはず。

 

ですが、走ってみなければ楽しさを体験することはできません。

 

そこで、2016年11月からトレイルランニングの普及と、トレイルランニングを楽しんで実践してもらえる場を作るために、トレイルランニングに関するワークショップを定期的に開催していくことになりました。

 

前回のワークショップの様子はこちら

http://runners-core.jp/?p=6444

 

そして、次回は実際のレースコースにもなっている、青梅・高水山ハイキングコースを舞台にワークショップを開催します。実際に走る距離は15㎞を予定しています。


と言っても、全員で歩いたり走ったりしながら、ゆっくりとトレイルコースを楽しむことを何より大切にしています。

 


前回開催したワークショップの参加者からも、


 

実際にトレイルシューズ、ザック、時計を使用しながら山を走れたのが良かった。


自己流のトレランだったので、走り方などを教えていただけたり、プロの走り方を実際に見れた所も良かったです。 

実際にトレイルシューズ、ザック、時計を使用しながら山を走れたのが良かった。


自己流のトレランだったので、走り方などを教えていただけたり、プロの走り方を実際に見れた所も良かったです。

プロのトレイルランナーから、直接小さなことでもポイントを教えてもらいながら実際に山を走れるのはやはり学びが違うなと思いました。


走る人を考えた(考え尽くされた)商品は素晴らしい。 

良いものを使って走ると、より楽に走れるということがよくわかりました。
とても楽しかったです。天気にも恵まれ、フカフカのトレイル、紅葉と雪を同時に楽しむことができて、いい機会になりました。

などの声をいただきました。

 

 

 


なぜワークショップを開催するのか?


 

 

開催理由は2つあります。

 

1つは、普段ロードばかり走っているランナーに、


違ったランニングの楽しみ方を知ってもらいたいからです。


最近ではマラソンランナーも、練習の一部にトレイルランニングを取り入れるケースが増えてきました。


トレイルランニングをすることで得られる刺激がロードランニングにも必ず活きてきます。

 

そして、もう1つは何らかの目標に向かって、仲間と一緒に取り組んでいった方が楽しいだけでなく、同時に達成感が得られて良いのではないか?


と考えたからです。

 

もちろん、今回ワークショップに参加したからと言って、レースに参加しなければならないというわけではありません。


レースの参加は自由です。

 

そして、今回のワークショップは、


単に実際のコースを皆で走りましょう!

というものではありません。

 

実際にレースにも使用されているコースを活用しながら、トレイルランニングに必要な走り方のスキルをプロランナーから学び、より効率よく、かつ楽しく走りましょう!というのが本当の目的です。

 

つまり、レースに参加することは「目的」ではなく、効率よく、かつ楽しく山を走るための1つの手段でしかないのです。

 

とは言うものの、今回のワークショップはトレイルランニングの基礎やテクニックが学べて、実際のレースコースを試走できる、一石二鳥のワークショップとなっています。

 

それだけではありません。

 

色んな装備を揃えるのが大変・・・というハードルを少しでも無くすために、トレイルランニングに必要なバックパックとトレイルシューズ、GPSウォッチがレンタルできて、更に実際に使用しながら山を走れるという一石四鳥のワークショップです。

 

※トレイルランニングに関する、ほとんどのワークショップ(イベント)が初心者向けとしながらも、防風・防水ウエア上下、バックパック、トレイルシューズなどの装備を持参しなければなりません。




こんな悩みはありませんか?



これからトレイルランニングを始めようという人の場合、


いきなりトレイルレースに参加するにはハードルが高いですよね?

 

トレイルレースの準備って、何から始めれば良いのか分からない・・・
我流でやってみて、怪我するのも嫌だ!
レースに参加するのに何が必要なのか分からない・・・
もっと楽に走れるようになりたい!

 

なんて思っている人もいるかもしれません。

 

もしかしたら、

 

わざわざ山に行くのも面倒臭い・・・

 

と思っている人もいるかもしれません。

 

そんな人がトレイルランニングに触れるきっかけを作れたらという思いで、


前回からフランスのトレイルランニング専門ブランドである


RaidLight社と一緒にワークショップを開催しています。

 

※RaidLightとは

1999年にフランスで生まれたトレイルランニング専門、トータルアクティヴィティブランド。

日本でも複数の選手サポートを行い、勝敗だけでなくトレイルランの文化発展にも力を注ぐ、情熱的なブランドとして展開している。




トレイルランニングを始めるきっかけ作りとして


 

 

トレイルランニングに限らず、何かをスタートしようと思った時には「きっかけ」が必要です。

 

きっかけ作りとして、何が最も重要なのか?


と考えた時に、その答えは明確で

 

「トレイルランニングが楽しい!」

 

と思ってもらえること、


そして、もう一度山に行きたい!

と思ってもらえる「場」を提供していくことではないかと考えました。

 

もしあなたが少しでも、トレイルランニングに興味を持っているのであれば、少しでもトレイルレースに参加してみたいなという気持ちがあるのであれば、今回のワークショップを1つの「きっかけ」にしていただければと思っています。

 

トレイルランニングは初めて!という方でも、大丈夫です。

 

1からステップ・バイ・ステップでレースに参加し、完走できるだけの準備を一緒にしていきましょう。

 

今回あなたを最大限サポートするために、プロのトレイルアスリートにナビゲートをお願いしています。




ナビゲーター紹介



Team 獣人


◆プロフィール 

2008年より地元五日市に住むチーム代表が、

自身の知識や経験をもとにハセツネのお膝元、

五日市にてハセツネコースのコースガイドとして活動を開始。


2009年からは自身の完走の体験をもとに

完走対策の攻略講座を開始。


ハセツネ30Kの発足と共に、

1年を通して対策講習会を行っている。


現在では、年間50回以上のハセツネ対策の講習会を行い、

年間数百人のハセツネ完走に貢献。


講習会、試走会では各トレイルランニングメーカーとのコラボなども行い、

試着、試履きなど多くのトライアルの場も提供している。


2011年からは自身の知識ベースをより多くのハセツネランナーに開示すべく、

ハセツネ攻略マップの製作を開始、販売している。


また、ハセツネ名物でもある夜間のガス対策アイテムとして

獣人フィルターなど、ハセツネ完走にこだわったアイテムの販売も行っているトレイルランニングチーム。


現在の会員数は35人。そのすべてがハセツネに熱い思いを持つ戦士ばかりである。



菊川 惠大 選手(Team RaidLight Japan)


◆プロフィール 

大阪出身の東海大生。

小学校高学年から地元スポーツクラブで陸上競技をはじめ、

16歳から父親の影響でトレイルを走りはじめる。


主な戦歴

2016年 スカイランニングユース世界選手権 19-20歳の部/13位

2015年 尾瀬岩鞍ヴァーティカル 5kmジュニア/優勝

2015年 千羽海崖トレイルレース 13㎞/優勝。



 


さらに、このワークショップは講師だけではなく、参加者が一人でも楽しく参加できるようにサポートスタッフがあなたと一緒に走ります


ぜひ、お気軽にご参加下さい!



トレイルランに必要なギアをレンタルします



今回、ワークショップにご参加いただける方で、ご希望の方にはトレイルランニングに必要な


3つのギアをレンタルします。



◆レンタルギア① 


RaidLight社製バックパック

 

ご希望の方にはRaidLight社製の

バックパックをレンタルします。


当日は各種ラインナップより、

複数のバックパックをご用意しますが、


ご希望の商品を必ず装着できるとは限りませんので、

予めご了承下さい。



◆レンタルギア② 


RaidLight社製トレイルランニングシューズ

 

RaidLight社製トレイルランニングシューズを

レンタル用にご用意いたします。


実際にトレイルシューズをレンタルして、

山を走れる機会はほとんどありません。


この機会をお見逃しなく!


用途・目的に応じた複数のラインナップをご用意しますが、

サイズ等によってはご希望に添えない場合もございます。


予めご了承下さい。



◆レンタルギア③


GARMIN社製GPSウォッチ

 

ご希望の方には先着15名様限定で、

GARMIN社製GPSウォッチをレンタルします。


GPSウォッチを実際に装着し、心拍や距離などを

確認しながら走ることができます。


当日は複数のラインナップをご用意する予定ですが、

ご希望の商品を必ず装着できるわけではありませんので、

予めご了承下さい。


操作方法に関しては、当日お伝えします。




是非ワークショップにご参加下さい



確かに、トレイルランニングに関するワークショップは多数存在します。


ですが、これからトレイルランニングを始めたいという方を対象に、特定のメーカーとアスリートがサポートしてくれるイベントはあまりありません。

 

ぜひ、この機会に一緒に山を走ることの楽しさを共有しましょう。



■ワークショップ名

青梅・高水山トレイルワークショップ(15㎞)

 

■日時

2017年1月21日(土)8:00~14:00

 

■対象

・レース参加を視野に入れながら、トレイルランニングの基礎を学びたいという方

・我流ではなく、プロにトレイルの走り方を学びたいという方

・トレイルレースに参加してみたいと思っているけれど、エントリーのハードルが高いなと感じている方

・トレイルランニングに必要なバックパックやトレイルシューズ、GPSウォッチを試してみたいという方

・レースを攻略するために、事前に実際のコースを走っておきたいという方

・一緒に同じ目標を持つ仲間とトレイルランニングを楽しみたいという方

 

■内容

青梅・高水山ハイキングコース(15㎞)を舞台に、トレイルレース攻略に必要な準備・走り方を学び、実践する体験型ワークショップです。

 

■ワークショップの流れ

8:00:参加者集合(佐藤スポーツ)

8:30:ワークショップスタート
トレイルランニングに関する講義、バックパックのフィッティング等。

9:00:ウォーミングアップ

9:15:トレイルランニングスタート(青梅・高水山ハイキングコース15km)

14:00:解散


※隣駅に河辺温泉「梅の湯」があります。

http://www.kabeonsen-umenoyu.com/index.html

 

■集合場所 


佐藤スポーツ

〒198-0042
東京都青梅市東青梅2-2-7



 

■アクセス 
http://www.runome.com/#company

 

■参加費 
4,000円 



※RaidLightのバックパック、トレイルランニングシューズのレンタル代、GARMIN社製GPSウォッチ、レクレーション保険加入費込み。



※ワークショップ当日はRaidLightのバックパック、トレイルランニングシューズ、GARMIN社製GPSウォッチをレンタル致します。 




■定員:20名 



※雨天決行です。 

悪天候のため中止せざるを得ない場合には、前日21時までにご連絡いたします


 

 

 

 

©2017 ランナーズNEXT All rights reserved.