あなたはこんなお悩みありませんか?


  

自分がどんなランニングフォームで走っているのか分からない。本当に正しい走り方なのだろうか・・・?
 
身体に負担をかけない、正しい走りを身に付けたい
 
長い距離を走ろうとすると、膝に痛みや違和感が出てしまう
 
もっと楽に走れる方法はないだろうか・・・?
 
色んなトレーニングをやっているけれど、イマイチ効果を感じられない・・・
 
レース後半でバテてしまい、 最後まで一定ペースで粘れない・・・

  


3つのステップでランニングのパフォーマンスを上げる


  

実際に怪我なく、長く、楽しく、速く走るためのランニングフォームを獲得するためのポイントは、


シンプルに考えると、3つのポイントを押さえることができるかどうかです。


ランニングフォームを改善しましょう!


というと、実際のところ、どこをどうやって改善していいのか分からないですよね?


肩甲骨を意識しましょう・・・


股関節を意識しましょう・・・


安定した身体の軸を作りましょう・・・


などなど。



確かに、どれも間違いではありません。


ですが、



肩甲骨をどう意識すればいいのか・・・


股関節をどう意識すればいいのか・・・


安定した身体の軸を作るにはどうしたらいいのか・・・


具体的な解決策がなかなか提示できていないものがほとんどです。



そこで、今回、理想的なランニングフォームを修得するための


具体的かつ段階的に習得できるステップを


これから全7回の無料メール講座の中でお伝えしていきます。



ランニングのパフォーマンスを上げるために、


マラソンで今まで以上に長く、速く走るために、


走る練習だけやっていても、どこかで必ず限界が来てしまいます。


その限界の壁を越えるために、


そして、心肺機能にできるだけ負担をかけないように


3つのステップを実践してみてはいかがでしょうか?


メール講座の中では動画を使った解説動画もありますので、


ぜひ、あなたのランニングパフォーマンスを高めるためにご活用下さい。



 

 


たった1つのある変化を加えただけで、安定した走りを手に入れる方法


  

 

 

もしかするとあなたは、

 

「ランニングフォームを改善するのは物凄く難しい!」

 

というようなイメージを持っているかもしれません。

 

ですが、あるたった1つの変化を加えただけで、安定した走り方を手に入れた事例を、


あなたにだけ公開したいと思います。


「ある変化」を加える前と加えた後の動画をご覧いただきながら、


実際にどんな変化を加えたのか?


そして、変化を加えた前後で、どんな改善が見られたのかを徹底解説します!


実際の動画は4つのビデオカメラで撮影し、


・着地のポイント


・足全体の動き


・横から見た上半身の使い方


・後ろから見た上半身・肩甲骨の使い方


を同時に確認できるようになっています。


つまり、あるたった1つの変化が、


安定したランニングフォームを獲得し、


怪我なく、長く、速く走れる可能性を持っているということです。




サハラ砂漠を250㎞走るために必要なこと




 

私は2015年4月、アフリカのサハラ砂漠で行われた、


30th Marathon Des Sables(サハラマラソン)に


ランナー兼トレーナーとして参加し、


完走をしました。


このサハラマラソンは砂漠の上を250㎞走らなければなりません。


当然、準備の段階から


「いかに疲れないように走り切るか」


ということは、大きなテーマとして掲げていました。


もちろん、ロードと砂漠ではサーフェス(路面)が違う上に、


10㎏以上の荷物を背負った状態で走らなければならないので、


走り方は変わってきます。


ですが、私はサハラマラソンに出場したことで、


より楽に走る方法を「体験」としても得ることができました。


事実、サハラマラソンのレース中に筋肉の疲労や痛みで


動けなくなった日は1日としてありませんでした。


理論と経験の両方において、


サハラ砂漠を走る上で、3つのステップを押さえておくことは、非常に重要です。





メール講座のナビゲーターを紹介します




 

 

浦中 宏典 (Uranaka Hironori)

 

1983 年長崎県長崎市生まれ

 

山口大学教育学部 スポーツ健康科学コース卒業

 

 

大学在学中より運動生理学を学びながら、

 

陸上競技部、アメリカンフットボール部

のトレーナーとして活動する。

 

その後、世界陸上を始め、

 

JR 東日本硬式野球部、

 

サントリーサンゴリアス(ラグビー・トップリーグ)、国際テニストーナメント、

 

全日本テニス選手権、日本大学フェニックス(アメリカンフットボール)など

 

陸上競技やマラソン以外のスポーツでもトレーナーとして活動する。

 

 

2011 年には世界一過酷なマラソンと言われる、サハラマラソンランナーのトレーナーとして

 

トレーニング指導と身体のメンテナンスを担当。

自身も 2015 年 4 月にサハラマラソン(7 日間 250km)をランナー兼トレーナーとして参加し、完走する。


オンライン・オフラインを問わず初心者を4ヶ月で0からフルマラソン完走にまで導く。

完走率は100%を誇る。

 

ウルトラマラソンや海外のステージレースを中心に活動するアスリートでもある。


【トレーナー実績】


・2007年大阪世界陸上

・ジャパンオープンテニス大会 全日本テニス選手権大会

・ラグビー・トップリーグ サントリーサンゴリアス

・JR東日本硬式野球部

・2014年ホノルルマラソン

・2015年サハラマラソン



メディア出演実績


  

【主なメディア出演実績】

・NHK 街かど情報局

・雑誌Tarzan(ターザン)

・長崎新聞

・中央FM(ラジオ)

・スポーツ医科学誌トレーニングジャーナル

  


実際にサービスを受けたお客様の声(一部)をご紹介します


  

視覚的に見て教えていただけたのが一番良かったです!

自分の走り方がこれでいいのか全く分からなかったので、具体的にビデオを撮って見せていただき、説明をして、直した方が良いところを指摘していただいたので、とても勉強になりました。

特に走っていて肩が凝ったり、走った後に頭痛が来るので、それについて教えてもらい、解決策がわかったのでとてもありがたかったです。
腕振りについてやっぱり視覚的に見て教えていただけたのが一番良かったです。

それと、トレーニングやストレッチも自分の弱いところ、悪いところを指摘してもらえたので、今後気をつけなければいけないことがよく分かりました。
ありがとうございました。
 
和田 様 
自分の身体に合ったものを紹介いただいたので、習慣にできそうです!

動画で自身のランニングフォームを初めて見ました。思っていたより直立して走っており、新しい気付きとなりました。

ストレッチやエクササイズは自分の身体に合ったものを紹介いただいたので、習慣にできそうです。
 
目標やペースなどの質問にも具体的に答えていただき、参考になりました。
 
三重野 様 
良い方向に進んでいくと確信が持てました!

鍛えるべき筋肉や自分の身体の硬すぎる部分、意外と問題ないとされている部分が明確になりました。ストレッチやエクササイズの方法も的確にアドバイスいただき、ありがとうございます。
 
的確に教えて頂いたストレッチやエクササイズを続けることで良い方向に進んでいくと確信が持てました。

岩田 様
今日受けていなければ、こんな発見はなかったと思います!

お尻の筋肉が使えていないことがわかり、新たな発見でした。腰の筋肉の硬さがフォームにも表れているなんて思ってもいませんでした。今日受けていなければ、こんな発見はなかったと思います。

これらの課題発見に加えて改善策の提案があり、とても有意義な時間でした。

今後のトレーニングに加えて、少しでも速く、かつ、長い距離を楽しく走りたいと思います。
これからもよろしくお願いします。

和田 様
新たな一歩を踏み出す1日になったと感じています!

申し込んだ時から今日という日を楽しみしていました。
実際ランナーとして新たな一歩を踏み出す1日になったと感じています。

今までがむしゃらに走ってきましたが限界を感じていました。しかし今回、映像などを通して自分のフォームを確認し癖・ウィークポイント改善に向けたアドバイスを頂けた事でこれからやるべき事がわかりました。

ウルトラマラソンを経験されている浦中さんとお話しできたことも刺激になりました。

これからもウルトラマラソン完走に向けアドバイスお願い致します。
本日は本当にありがとうございました。

水落 様 
癖・ウィークポイント改善に向けた適切なアドバイスをいただけた事に感謝いたします!

本日は大変ありがとうございました。
 
私は、走り始めて半年ほどでアキレス腱を痛めてしまいました。
走るという原始的なことで怪我をするとは夢にも思いませんでした。
怪我をして初めて怪我をしない正しい走り方、怪我を予防するトレーニング
の重要性を認識するにいたり、浦中さんのご指導を受けました。
 
今日はじめて自分のランニングフォームを映像を通して確認することができました。
自分の癖、体の特性などを指摘していただき、癖・ウィークポイント改善に向けた
適切なアドバイスをいただけた事に感謝いたします。
 
プロの方のアドバイスを受けたことにより、やるべきこと がはっきりと認識することができました。
 
私の目標はサロマ湖100kmマラソン完走ですが、ウルトラマラソンを経験されている
浦中さんと直接お話することができ、目標にむかってモチベーションが上がりました。
 
これからもウルトラマラソン完走に向けアドバイスを宜しくお願いいたします。
本日は貴重な体験をさせていただき本当に有難うございました。

相馬 様
長い距離を走りきるためにプラスになると思います!

今日はとても有意義な時間でした。改めてお礼申し上げます。
 
自分の関節の固いところ、動きの悪いところが具体的にわかり、またその対処法も知ることができました。
そして、その後のお尻を使うためのエクササイズ。
 
今日学んだことを実践して長年の悩み腸脛靭帯炎が解消したら長い距離を走りきるためにプラスになると思います。辛い思いをせずに済みそう!
 
地道に実践してみます。
 
ありがとうございました! 
 
泉 様  
指摘された基礎トレーニングをきちんと継続すれば、確かに効果があるだろうと思います!

セッションは、まず口頭での自分の不安な点、改善したい点などの情報を共有した後、50m程の直線距離(3往復)を走りながら、横、後ろ、後ろからの脚部upの動きを動画撮影する。
その後、ランニング動画(スロー再生含む)を見ながら解説、指摘してもらうといった流れです。
これ、実際に行うと客観的に自分の走りが見れ、指摘事項もすっと頭にはいってきます。
これ以外にヨガマットを使用した簡単な柔軟性チェック、改善に結びつく体の動き、基礎的なトレーニングなどを行います。
指摘された基礎トレーニングをきちんと継続すれば、確かに効果があるだろうと思います。
あれこれ、手を出すより、ポイントを絞ってトレーニングをする方が結果的に早期の改善が見込めると感じました。
 
約90分のこのサービスの値段の高低は、個人の見解によるでしょうが、動画撮影、その解説、指摘、改善方法を行うサービスは他には ないでしょう。
検討に十分値するセッションです。

吉野 様 

  


メール講座でお伝えする主な内容とは?


 

体幹トレーニングをすれば理想のランニングフォームが手に入るのか? 
Step1:足の着地方法のメカニズムを考える!
Step2:ランニング中の上半身の使い方を身に付ける!
Step3:無意識の中でもランニングフォームを修正する方法
どうすれば理想的なランニングフォームを手に入れられるのか?

 

 

さらに今回は特別に、たった1つのある変化を加えただけで、

 

安定した走り方を手に入れ、走りの弱点を克服する!ランニングフォーム改善・徹底解説講座


をお届けします。

  


このメール講座では、実際にランニングフォームを改善し、怪我なく、長く、楽しく、速く走れるノウハウを

3つのポイントに絞ってお伝えしていきます。


このメール講座に参加することで、あなたは


 

どうすれば、身体に負担をかけることなく走ることができるのかが理解できるようになります。
 
怪我なく、長く、楽しく、速く走れるノウハウが学べます。
 
具体的なランニングフォーム改善のポイントが明確になります。
 
理想的なランニングフォームの獲得法が理解できるようになります。
 
結果的にランニングのパフォーマンスがアップします。 


ぜひ、一緒に取り組んでいきましょう。

 

メール講座であなたとお会いできのを楽しみにしています。


 

 

 

浦中宏典



 

 

 

©2015 スポーツに関する企画・プロデュースなら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.