MENU

自己管理ができない人のための、ビジネスランニング法とは?

2014年7月2日

ストレッチサポートの浦中です。

 

今日は自己管理ができない人はなぜランニングをした方がいいのか?というテーマでお届けしていきます。

経営者やビジネスパーソンは、ランニングやその他のスポーツに取り組むと良いですよ!とよくいわれます。それは健康のためとか、自己管理のためだとか、身体に良いという理由だけではありません

「ビジネス」という切り口から見ても、経営者やビジネスパーソンがランニングに取り組むべき理由は大きく5つあるんです
8ba84119293d577ab6a341874eff90b1_s-600x400.jpg


この5つは、科学的な根拠と実体験(クライアントさんの体験を含む)から見えてきたものです。

その5つの理由とは、
①セルフマネジメントができるようになる
②発想力・アイデアを生み出す力が身に付く
③高い目標達成能力が身に付く
④セルフイメージが高まる
⑤判断力、決断力が高まる

まず①のセルフマネジメントができるようになるという理由についてです。


ランニングやトライアスロン等のスポーツは、比較的時間に余裕のある経営者やビジネスパーソンが取り組むものだ、という認識をされている方が多いように感じています。


ですが、現実には忙しい経営者の人程、マラソンやトライアスロンに取り組んでいるんです


逆に仕事ができるとは言いがたいビジネスパーソンや自己管理ができない人程、全くと行っていい程やっていません。


なぜ、忙しい経営者がスポーツに取り組むのかというと、スポーツに取り組む以外の限られた時間の中で、仕事やその他の計画をこなしていかなければなりません。


今までよりも短い時間で効率的に仕事をしていくにはどうすれば良いのか?ということを常に考えることになりますし、人間というのは、基本的には楽をしたい生き物なので、期限が今までよりも短くなることで、より強い力を発揮し問題を解決しようと考えるようになります。


自分自身をコントロールできる人、つまりセルフマネジメントができる人はビジネスでもスポーツでも、成果を上げることができるということが言えますね


つまり、今の状況で自己管理があまりできていない人程、健康面においてもビジネスの面においても、取り組んでまず間違いなく損はありませんので、まずは小さな一歩を踏み出してみて下さいね!


  

画像がみつかりません。

アーカイブ

2019

最新記事

お知らせ

これまで計330名が受講した、パワートレーニング入門セミナーのオンライン版がリリースされました。

詳細はこちらをご確認下さい。

_2018-01-05_22.27.58.png

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2019 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.