MENU

東京マラソンに当選したあなたに送る!本番までのトレーニング計画

2014年9月25日

ストレッチサポートの浦中です。


今日は2015年の東京マラソン、抽選結果の日でした。

エントリーされた方、結果はいかがだったでしょうか?

私も毎時のごとく、エントリーしましたが、今年は落選!!非常に残念です!

また来年以降に期待しましょう!


この東京マラソンという大会は何度出ても良いと思える程、素晴らしい大会です。

s_IMG_1763.JPG

※去年のスタートの様子


東京マラソンは、ホノルルマラソンと同様にイベント性が非常に高い大会なので、ベテランランナーだけでなく、フルマラソンに初挑戦される方もかなりいらっしゃいます。

大都会のド真ん中を走れる大会なので、東京観光もできちゃいます!


s_IMG_1793.JPG

※銀座、アップルストア周辺


こんな貴重な経験を、苦しみながらするのは、もったいない!!

ということで、東京マラソンに当選したマラソン初心者の方が、楽しみながら完走をする方法をお伝えしていきたいと思います。


東京マラソンは、観光という意味合いも強いと思いますので、一度も歩かずに完走を目指すよりも、途中途中で歩きながら、写真やビデオ撮影をしながら走るのも楽しみの1つです。


「歩いていいのであれば、楽でいいや!」


と思った方、実は真逆です!!


実は、途中で歩くよりも、走り続ける方が筋肉にとっては楽なんです


実際にフルマラソン以上のマラソンを走った経験のある方なら、分かっていただけると思いますが、走っている途中に歩いたり、立ち止まったりすると、逆に疲労が蓄積してしまいます。

長時間立ち止まった後にリスタートするのが、どれだけ辛いことか・・・。


これには理由があるんですが、走るという動作は常に片足立ちの連続動作でもあります。

左足が接地しているときは、右足は浮いてますし、右足が接地しているときは、左足が浮いています。

一方、ウォーキングは、常に両足が地面に着いています。立ち止まっているときも両足で立っていますよね!?

片足立ちで、休んでいる人は・・・恐らくいないでしょう!!


ランニングをしている最中は、常に片足ずつ浮いている、と書きました。

これが重要なんです

浮いている方の足は、地面に接地するまでの時間、ある意味筋肉にダメージが加わりません。

負荷をかけずに休ませている状態になります。

一方、立ち止まった場合は、負荷をかけながら休んでいる状態です


だから、歩いたり、立ち止まったりするよりも走り続けた方がいいんです

足が攣りそうになった時に、立ち止まってストレッチをする方がいらっしゃいますが、できることなら立ち止まらずに、ペースを落としてでもいいのでゆっくり走り続けることが大事です。

ただし、攣ってしまった時は走ることができないと思いますので、その時は仕方がありません。

ストレッチをしながら走りましょう!


もう一点、歩いたり立ち止まるより、走り続けた方がいい理由は、単純にゴールまでの時間を短縮できるという点です。

例えば、5時間でゴールするのと、7時間でゴールするのを比べてみて下さい。

2時間多く動き続けなければならないわけですから、身体にかかる負担も、それだけ大きくなってしまいます。


ですから、東京マラソンを含めたフルマラソンを楽しく完走するためには、それだけの体力、脚力が必要になるということです。

何となくご理解頂けたでしょうか?


ですが、きつい練習を沢山する必要はありません。

週に3回程、1時間は楽に走れるようになればOKです。

途中に10kmの壁、ハーフマラソンの壁を越えながら、楽しく目標達成していきましょう!!

段階的にトレーニングを進めるための方法は、下記にご紹介している無料ビデオでも紹介していますので、最下部から申し込んでみて下さい!


P.S.

東京マラソンを完走するためのヒント、東京マラソン2015抽選結果後、5ヶ月で完走を目指す!

は、こちらにも書きましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

最低3ヶ月あれば、0からでもフルマラソンを完走できますので、焦る必要はありません。

 

これからフルマラソンに挑戦したい!もう少し記録を縮めたい! そんなあなたのために、フルマラソン完走 完全攻略マニュアル無料でプレゼントしています。 

_2014-10-06_19.21.12.png

※PDFと音声ファイルにて、0からでも最短3ヶ月でフルマラソンを完走するための秘訣をお伝えしています。

 

 今すぐ下のフォームからお申込下さい。

【無料レポート】お申込みフォーム
お名前(苗字)
メールアドレス

アーカイブ

2019

最新記事

お知らせ

これまで計330名が受講した、パワートレーニング入門セミナーのオンライン版がリリースされました。

詳細はこちらをご確認下さい。

_2018-01-05_22.27.58.png

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2019 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.