▼ MENU

初めての30km走

投稿日: 2018年1月19日  | カテゴリ: メルマガバックナンバー

こんにちは、浦中です。 

先週の日曜日に、 
1人で30km走ってみました。 

自宅から約3.5kmのところに 
1周1,300m程のコースがあるので、 
1人でグルグルと。 

データを振り返ると、 
どうやら今まで30km走 
をやったことが無かったようです。 

1、2回はやったことあるかな? 
と思っていたのですが・・・。 

クライアントさんのペースに合わせて 
30kmを走ったことはありますが、 
自分のペースで30km走ったのは初! 

フルマラソンのレースに向けての準備 
というわけでは無いのですが、 

やはり新たな刺激を加えることは 
非常に重要です。 

ここの記事 

にも少し書きましたが、 

毎回同じような練習をしていると 
身体はその刺激に対して 
慣れてしまうわけです。 


普段の練習では、良くも悪くも 
「練習の癖」が出てしまいます。 

浦中さんの場合は 
いかがでしょうか? 

同じような練習をしているケース 
は結構あるんじゃないかと。 

で、こういった「練習の癖」は 
自分ではなかなか気づきにくい 
場合が多いです。 

なぜかというと、 
過去に取り組んだことは 
そんなに振り返らないから。 

過去の振り返りって、 
正直、楽しくないですよね? 

振り返りをしたところで、 
何かが変わるわけでもないですし。 

ですが、振り返りをしないと 
いつもの練習が自然に 

「慣れ親しんだ練習」 

になってしまいます。 

一般的に考えると、 
走る習慣がある! 
ということは、 

自分自身を肉体的にも 
精神的にも成長させる 
ことに繋がります。 

ですが、人間には 
コンフォートゾーン 
があるので、 

どうしても自分の 
慣れ親しんだ練習に 
思考や行動が寄ってきます。 

かく言う私も同じです。 

そこで、私が活用しているのがこれ! 

heatmap.png

ヒートマップです。 

簡単に過去の振り返りができるツールです。 

データ分析というと、 
様々な数値を見ていく必要があります。 

ですが、ヒートマップを 
眺めていると、普段自分が 
どういった領域で走っているのか? 

が見えてくるわけです。 

なので、課題が理解しやすい。 

もちろん、これだけを見ている 
わけではありませんが、 

長い時間をかけて、 
ある程度の出力で走る 
という練習ができていなかったので、 

今回の30km走を組み込みました。 

※赤い領域=頻度の高い領域で 
青い領域は頻度の低い領域です。 

この辺りの話(詳細)は 
ぜひこちらで! 


アーカイブ

2018

最新記事

お知らせ

毎回満席となっている人気講座、パワートレーニング入門セミナーを11月17日(土)に初めて福岡で開催します。

12月1日(土)には東京でも開催します。今回は定員が少なくなっていますので、お早めにお申し込み下さい。

詳細はこちらをご確認下さい。

_2018-01-05_22.27.58.png

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典