MENU

ランニング中に降ってきたアイデアを活かす方法

2014年6月21日

ストレッチサポートの浦中です。

 

ランニングをやっていると、いいアイデアが湧いてくることが良くあります。

 

ですが、走り終わった後には具体的にどんなアイデアだったのかを忘れてしまっているケースが非常に多い!私の場合は特に。

 

なぜでしょうか?

 

ランニングをしていると、脳の前頭前野が活性化する、なんてことが言われていますし、脳の血流量がUPするそうです。

 

ランニングをしていると、確かに良いアイデアが降ってくるんですが、色んなアイデアで溢れてしまうというということが多々あるため、鮮明に1つのことを思い出せない、という現象に陥ります。

 

そんな時に有効な解決策があります。

 

よく、スマートフォンを持ちながら、良いアイデアが降ってきた時に書き留めておく、なんてことをやっている人がいますが、私のおすすめは、走りながらICレコーダーに思い浮かんだアイデアを吹き込みます

 

images.jpeg

 

なかなか人込みの中では抵抗があるかもしれませんが、人気の少ないところであれば、メチャクチャ実用的です。

 

頭に浮かんできたアイデアを自由にICレコーダーやスマートフォンに吹き込む。

 

これなら、走りながらでも簡単にできます。

 

吹き込んだら、頭の中をフラットにし、また降ってきたらICレコーダーに吹き込む。

 

このやり方なら、沢山のキーワードやコンテンツを吹き込むことができますし、走り終わってからまとめることができます。

 

ブログのネタにもなるかもしれないし、ビジネス上の施策にもなるかもしれない。

 

ビジネスをやっている人であれば、その効果に驚くこと間違い無しです。

一度アウトプットしたものは、後でメモとして残しておけば、ブログを更新する、Facebookに投稿する、Twitterにつぶやく時に、そのまま活用できます。

 

ぜひ、アイデア出しに困ってしまったら、やってみて下さい!!

  

画像がみつかりません。

アーカイブ

2019

最新記事

お知らせ

これまで計330名が受講した、パワートレーニング入門セミナーのオンライン版がリリースされました。

詳細はこちらをご確認下さい。

_2018-01-05_22.27.58.png

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2019 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.