MENU

ランニングでダイエットをするならホノルルマラソンを目指そう!

2014年12月1日

ストレッチサポートの浦中です。

 

このブログでは、ランニングやダイエットに関する情報をお届けしていますが、成功の鍵は「習慣化」だということもお伝えしています

ですが、多くの人が、ダイエットや運動を続けることができていません。

このブログの読者の方の中にも。ランニングを習慣化をすることが難しい。

そんな風に思っている人も、多いのではないでしょうか?

 

もし、あなたがランニングを通じてダイエットを成功させたい!

そう思っているのであれば、解決策があります。

それは、タイトルにもある通り、「ホノルルマラソン」を目指すということです。

「えっ!?」

と思った人もいるかもしれません。

ですが、ランニングを習慣化し、結果的にダイエットを成功させるには、ホノルルマラソンを目指すことが一番成果が出ます

s_s_P1320169.JPG

まず、ランニングを習慣化するためには、3つのポイントを押さえておく必要があります。

それは、

①明確な目標設定をすること

②同じ目標を持った仲間を持つこと

③目標までのプランを作成すること

この3つです。

 

ここで、①の目標をホノルルマラソンの完走に設定します。

今回はランニングの習慣を身につけることと、ダイエットが目的なので、サブ5とかサブ4といったタイム設定はしません。

 

この上記3つのポイントを押さえ、実践することで、ダイエットとフルマラソンの完走の両方の目標が達成されるわけです。

 

ですが、ランニングを習慣化するには、この3つのポイントの他に、もう一つ大切なポイントがあることに気がつきました

実は、ランニングが習慣化できるのは、実際に目標が達成できた後です

つまり、フルマラソンを完走するためにランニングを継続している段階では、まだランニングの習慣が身に付いたとは言えません

 

ですから、上記3つのポイントは正確に言うと、ランニングを習慣化するために必要なもの、ではなくて「フルマラソンを完走するために必要なこと」なんです。

ランニングの習慣化と、フルマラソンの完走は表裏一体なんですけどね。

 

では、なぜ(フル)マラソンを完走=ランニングの習慣化となるのでしょうか?

それは、習慣化には3つの要素を満たす必要があると言われていて、それは「きっかけ」と「ルーティン」と「報酬」だと言われています。

 

これをランニングに当てはめて考えると、

きっかけ=ランニングを始めてみようかな、お腹周りに脂肪がついてきたからダイエットしないとな・・・など

ルーティン=日頃のランニング

報酬=マラソンを完走できた後の達成感 等

 

つまり、

①明確な目標設定をする

②同じ目標を持った仲間を持つ

③目標までのプランを作成する

の3つだけでは、「報酬」が欠けています。


ですから、ランニングを本当の意味で習慣化するには、実際に目標が達成された後、ということになります。

実際に完走された経験のある方は、何となく分かってくださるのではないでしょうか?


であれば、報酬は大きければ大きいほど、習慣化に大きなレバレッジをかけることができます

だから、目標とする大会をホノルルマラソンに設定するんです。

 

日本であれば、東京マラソンかもしれません。

これは、僕自身が走った体感ベースですが。

 

まず、ホノルルマラソンに出るというだけでもワクワクしませんか?

現に、私が関わっているコミュニティはホノルルマラソンを2週間後に控えています。

まず、ハワイに行けるということで、皆さんのモチベーションは一気にアップしているように思います。

 

ホノルルマラソンを走っている最中に辛いこともあるかもしれませんが、ハワイの空気感と、たくさんの応援を浴びながらのマラソンは格別です、

 

さらに、レースが終わった後は、更なる開放感が待っています。

こういった一連の流れがあることで、もう一度ホノルルマラソンを走りたいな!という気持ちが芽生えるわけです。

それを普段のランニングに活かすことで、結果的にダイエットの結果もついてきます。

 

またホノルルマラソンの様子もアツプできればと思ってます。

 

P.S.

もし、今回の記事でダイエットにランニングを取り入れてみようかな!と思った方は、ぜひ下記のメール講座も参考にしてみてくださいね!



画像がみつかりません。

アーカイブ

2020

最新記事

お知らせ

2020年3月5日

ランナーズNEXTのオンラインサークルをリリースしました。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

.png

 

2020年2月7日

月刊トレーニング・ジャーナル2020年3月号、特集/トレーニングにおけるパワー測定において、ランニングパワーに関する記事が掲載されました。


詳細はこちらをご覧ください。


tj2020-03.png

 

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2020 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.