MENU

ランニングでやってはいけない食事の方法とは?

2014年12月6日

ストレッチサポートの浦中です。


ランニングで痩せたい、ダイエットがしたいという人は、何となくでも食事に気を配らないといけないな・・・と思っているはずです。

暴飲暴食しながらランニングをしても痩せるイメージは持ちにくいと思います。


では、どういった食事の方法を選択すればいいのでしょうか?

巷では、低糖質ダイエットとか低炭水化物食ダイエットとかいう名前のダイエット方法というか、食事の方法が流行っています。

もちろん、体重を落とすために炭水化物を極端に抑えることは、一部の人にとっては有効です。

ですが、ランナーは炭水化物抜きのダイエットを続けてはいけません

なぜなら、炭水化物を抜くような食事を続けていると、バテるのが早くなります。

また筋肉の元となる、たんぱく質を分解してしまう恐れもあるからです。


特にビジネスをやっている人であれば、なおさら糖質は必要です!

cad6b19927fe9e89a93e6ad7a9b67f441.jpg

基本的に身体を構成している臓器の大半は、糖質と脂肪の両方を消費しています。日常生活レベルであれば。

ですが、脳(細胞)は唯一、脂肪をエネルギー源として使うことができません

つまり、脳のエネルギー源は全て糖質であると言えます。

現に、糖質の摂取を抑えすぎるとイライラしたり集中力が欠如します。

仕事に支障をきたしてしまうのは明白ですよね。

体内には多くの糖質を貯めることができるイメージもあるかもしれませんが、そのほとんどが筋肉の中に存在します(グリコーゲンという形で)。

脳が使うことのできるエネルギーは、この筋肉中のグリコーゲンではありません。

実は、肝臓内に蓄えられているグリコーゲンをエネルギー源として使っているんです。

その量は、ほんの数十グラム。

要は、この肝臓内のグリコーゲンが枯渇してしまうと、脳の機能は低下してしまいます。


せっかく、ランニングには脳に良い効果があるのに、グリッコーゲンが枯渇してしまっては意味がありません。


確かに糖質が不足した時には、代わりに脂肪を燃やすことでエネルギー源を得ることができます。

ですから、肥満の方がダイエットの初期に糖質を抑えるのは非常に有効です

しかし、脂肪が糖質の代わりになるわけではありません。

脂肪が糖質の代わりになることはできませんが、たんぱく質は糖質の代わりになってくれるんです。

つまり、糖質が枯渇した時には、その代役としてたんぱく質が分解されてしまいます。

冒頭にもお伝えしましたが、たんぱく質は筋肉の元となりますから、折角ランニングをしているのに、非常にもったいないことになってしまいます。


甘いものを積極的に摂る必要はありませんし、食事の中で炭水化物をたくさん食べる必要もありません。

※余計にとりすぎた糖質は脂肪に変わってしまうので。


ですが、全く炭水化物を摂らないのは、上記で説明したように色んな弊害を伴いますので、炭水化物抜きのダイエットは避けましょう。


P.S.

今回の記事と関連するテーマとして、こちらの動画も御覧ください。炭水化物が人類を滅ぼす〜糖質制限から見た生命の科学〜 というほんの書評をしています。

 



画像がみつかりません。

アーカイブ

2020

最新記事

お知らせ

2020年3月5日

ランナーズNEXTのオンラインサークルをリリースしました。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

.png

 

2020年2月7日

月刊トレーニング・ジャーナル2020年3月号、特集/トレーニングにおけるパワー測定において、ランニングパワーに関する記事が掲載されました。


詳細はこちらをご覧ください。


tj2020-03.png

 

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2020 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.