MENU

メタボ対策の運動で気をつける3つのポイント

2014年7月20日

ストレッチサポートの浦中です。

 

最近お腹周りがが気になるな・・・


運動して痩せないといけないと思っていても、重たい腰が持ち上がらない・・・


という40代、50代の方も多いはずです。


メタボ人口は40〜74歳については、男性の2人に1人、女性の場合は5人に1人と言われています。


国もメタボ対策、メタボ対策と言っていますが、上記の数字では、効果を上げているとは言えません。


そこで、今回は「メタボ対策の運動で気をつける3つのポイント」についてお話ししていきます。

.jpg

お腹周りの余計な脂肪を取り除くために、つまり脱メタボのために、運動は必要不可欠なんです。


1.運動だけでダイエットをしようと思わない


メタボ対策の運動で気をつける3つのポイントその1は、運動だけでメタボ対策をしないということです。


運動と一緒に取り組まなければならないものは、食事です。


逆に言うと、食事だけでメタボ対策をするのもNGです。運動と食事はセットで効果を発揮します!


メタボになってしまう理由のほとんどが食事にあります。運動不足でメタボになるというよりも、食事でメタボになってしまうんです。


ですから、運動+食事を改善させることでメタボ対策を行って下さい。


なぜ、食事だけではダメなのか?その理由は、脱メタボに成功してもリバウンドをしてしまうからです。


一時的な結果だけであれば、食事だけでもOKなんですが、一時的な結果だけで終わらせたくないですよね。


太りにくいカラダを手に入れるためにも、運動は必ず必要なんです。


2.明確な目標と期限を決める

 

次に、ポイントその2ですが、明確な目標設定と期限を決める、ということです。


ただ、何となくこのお腹の脂肪を取りたいんだよね・・・だといつまでたっても重い腰が持ち上がりません。


いつまでに、何キロ痩せたいのかを、明確にしておきましょう。


その際に大事なのが、高い目標を設定しないということです。


3ヶ月で10kg痩せよう!と勢いで目標設定してしまうと、達成できなかった時にヘコみます。


折角頑張っていたのに、またメタボの道に逆戻り・・・なんてことになりかねません。


3.まずは短期間で達成可能な目標を立てる


次がポイントその3ですが、短期間で達成可能な目標を立てるということです。


メタボ対策の成功には、小さな成功体験を積み上げていくことが大切です。


そして、なにより継続することが大切です。


運動を継続するためには、「できた!!」という成功をどれだけ多く積み上げられるかが大事なので、小さく短期間で目標を作っていきましょう。


具体的には1ヶ月で1キロ痩せる!といった感じです。


これを積み上げていく。


小さい成功体験を積み上げることで、自信が付きますし、メンタルが強化されるのでより結果を出すための確率が上がっていくんです。


心とカラダは繋がってますからね!


これらの3つのポイントを抑えながら、ぜひメタボ対策をしてみて下さい!

 

画像がみつかりません。

アーカイブ

2019

最新記事

お知らせ

これまで計330名が受講した、パワートレーニング入門セミナーのオンライン版がリリースされました。

詳細はこちらをご確認下さい。

_2018-01-05_22.27.58.png

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2019 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.