MENU

マラソンのモチベーションを高めるコースの選び方

2014年9月18日

ストレッチサポートの浦中です。


本日は60km走を決行!ストレス耐性は徐々についてきてます!土日でさらに、距離を踏んでいきましょう。


さて、今日はマラソンのモチベーションを高める方法についてです。

しかも、この方法は簡単にできます


長い時間ランニングをしていると、途中でやる気をなくす時ってないですか?

集中力が切れて、早く終わらないかな・・・とか、このコース飽きるよな・・・みたいなこと。

私は、結構な確率で起こります。

カラダがシンドイって時も、もちろんあります。

ですが、やる気をなくすことの方がかなりの頻度で起こるんです。

images.jpeg

そんな時にできる簡単な対処法は2つあります

1つは、コースを変えることポイントは、見晴らしのいい道幅が広いコースを走ることです。

何故かと言うと、視野が広がるだけで、ランニング自体の動きが大きくなりますし、思考・想像力の幅も広がるので、苦痛に感じていたランニングが楽しくなるからです。

対して、狭い道を走っている時は気持ちも狭くなってしまいます。

狭い道は、周りの雰囲気も若干暗い感じもしますよね。


もう1つは、サングラスをかけること

日差しが眩しい時にサングラスをかけずに走ることで、視野が狭くなります。目を細めながら走っている自分の姿をイメージして下さい。結構なストレスですよね。


ランニングのコースに関しては、環境面があるのでもしかすると簡単ではないかもしれませんが、ちょっとコースを変えれば十分可能です。


文章だけだと説得力がないかもしれませんが、是非一度違いを実感してみて下さい。

体験として理解できると思います。


これって、仕事やビジネスでも同じです

考え方や視野が狭くなると、出てくるアイデアも限られてきますし、そもそも良いアイデアが出てこないことが多いよね・・・という経験はないでしょうか?

視野が広がった方がモチベーションもあがりますし、良いアイデアも自然と出てきます。

仕事やビジネスを前向きに捉えることだったできそうじゃないですか。


ランニングを継続することで、発想力を強化することができますが、環境面を整えてあげることで、更なる能力アップ、そしてモチベーションアップに繋げていきましょう!

 

画像がみつかりません。

アーカイブ

2019

最新記事

お知らせ

これまで計330名が受講した、パワートレーニング入門セミナーのオンライン版がリリースされました。

詳細はこちらをご確認下さい。

_2018-01-05_22.27.58.png

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2019 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.