MENU

マラソンのトレーニングで痛みが足の付け根に出たらどうする?

2014年10月13日

ストレッチサポートの浦中です。


明確にいつからか覚えてはいませんが、先月末あたりから右足の付け根に痛みというか違和感が出てくる様になってきました。


動きだしで違和感はあるものの、走っているうちに痛みがなくなるので、そのまま様子を見ていましたが、昨日から本格的な足の付け根の痛みに変わってきました。


マラソンのトレーニング量を過度にこなしていたわけではありませんが、短期間で一気に負荷をかけ過ぎたのかもしれません。


では、マラソンのトレーニングで痛みが足の付け根に出てしまったら、どうすればいいのでしょうか?

tukene.jpg

まず、「足の付け根の痛み」と言っても、範囲が漠然としているので、今回の記事でご紹介する内容と、あなたが抱えている痛みの場所が違う場合がほとんどだと思って下さい。


足の付け根という表現が股関節を指すのか、太ももの辺りを指すのか、筋肉なのか、骨なのか、関節なのか・・・それによって対処も変わってきます。


今回の私のケースでは、痛みが出た場所は太もも裏の付け根よりも若干下の部分です。


関節を動かしても、筋肉に力を入れても痛みは出ません。


ですが、右足に体重を乗せたり、片足でジャンプした時の着地で痛みが出ます。


一通りのマッサージやストレッチ、物理療法(超音波)は試してみましたが、効果は無し。


安静にしていた方が痛みは出ないようです。


ですが、3日に1回のペースでトレーニングをしていた影響か、痛みは消失することなく、昨日の練習後に、歩行でも痛みを感じる様になってきました。


実際にレントゲンを撮っていないので、何とも判断ができませんが、おそらく骨に近いところで痛みが出ている可能性があります。


疲労骨折とまではいかないまでも(もし疲労骨折なら、歩行でも激痛が走るでしょうから)様々な力が結果的に骨か骨膜に作用して、痛みになって現れている感じがします。


こういう場合、どうすればいいか?


まず、「整形外科」に行って下さい整骨院や接骨院じゃなくて、整形外科です


レントゲン上で問題があれば、怪我した場所に関しては安静を保つ必要がありますし、もしその他の症状であれば、リハビリが必要かもしれません。


主観だけでは、分からないこともあるということです。


しかも、本人はもうすぐウルトラマラソンのレースを控えていることもあるので、怪我じゃないことを期待してしまうわけです。


変な期待をして、練習をしてしまうと、ますます症状は悪化します。


客観的なデータがあれば、今後どのような対処をとっていけばいいのかが、ある程度明確になりますよね。


ビジネスでも同じです


例えば、先月より売上げが落ちてしまった・・・その原因を主観や感覚で解釈をしてしまうと、具体的な解決策が出てきません。


顧客数がどれだけ落ちてしまっただとか、成約率が××%に落ちてしまったとか、客観的な数字で評価をする必要がありますよね。


マラソンのトレーニングで痛みが足の付け根に出たら・・・まずは整形外科を受診して、今後のプランを考えましょう!


受診するなら、スポーツドクターがきちんと診察してくれる病院が良いですよ!

 


アーカイブ

2019

最新記事

お知らせ

これまで計330名が受講した、パワートレーニング入門セミナーのオンライン版がリリースされました。

詳細はこちらをご確認下さい。

_2018-01-05_22.27.58.png

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2019 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.