MENU

ホノルルマラソン完走とビジネスの意外な関係性

2014年8月11日

 ストレッチサポートの浦中です。

 

運動初心者の人が何か大きな目標を掲げる時に、「フルマラソンに出て、完走しよう!」というのはよくある話です。

フルマラソンの中でも、特別「ホノルルマラソン」は大きな目標設定の1つとして掲げられますよね。

ホノルルマラソン完走を目標にすることは素晴らしいことだと思いますが、決してホノルルマラソン完走だけを目標にしてはいけません

なぜなら、ホノルルマラソンにはビジネスで使えるネタがいくつもあるからです

そこで、今回は「ホノルルマラソン完走とビジネスの意外な関係」というテーマで記事を書いていくことにしましょう!

c562206be184dd40e0e675cfc126d2e02fe90ec81386339172.jpg

このページ全体で「マラソンはビジネスに大きな影響を与える」という情報発信をしていますが、特にマラソンはネットビジネスを中心とした情報発信が必須のビジネスとの相性が抜群に良いんです!

とは言え、どんなビジネスをしていても情報発信は必須の時代になってきましたので、ネットビジネスに限らずということになってしまうんですが・・・

 

さて、あなたがホノルルマラソンを走ろうと目標設定をしたとします。

その後に考えなければならないのは、目標を達成するために必要な戦略と戦術です。

仮にホノルルマラソンが半年後ならば、半年でホノルルマラソンを完走するだけの計画を立てなければなりません。

そして、ホノルルマラソンについてのリサーチをする必要があります。

どんなコースなのか、どれくらいの人が参加するのか、ホテルは、ツアースケジュールは?などなど・・・

 

半年後のマラソン完走に向けての練習計画を立てた後は、短期的な練習計画も必要ですよね!

そこから日々マラソンのトレーニングに励んでいくと思うんですが、今日はトレーニングの日だ!と思っていても、急な仕事が入ったり、天候が荒れてしまったりで思うようにトレーニングが積めない・・・なんてこともあるでしょう!

そこで必要なのが、練習計画をうまく修正する力です。できなかったものをどこで補うか、ですね。

 

ここまでお読みいただいた方は分かると思うんですが、マラソンとビジネスのプロセスは全く同じであるということです。

リサーチ⇒目標設定⇒戦略・戦術の立案⇒実践

みたいな感じでしょうか。

 

マラソンとビジネスが非常に近しい要素があるのであれば、マラソンをビジネスのネタにすることも可能です。

あなたがホノルルマラソンに出場するのであれば、ホノルルマラソンを完走するまでの軌跡は情報発信のネタになるでしょう。

ホノルル滞在中も情報発信の大きなネタです。

さらに、ランニング中というのは、1人の時間を確保できます。色んな誘惑もありません。

1日を振り返るも良し、ビジネスアイデアを考えるも良し、頭を空っぽにして「無」の状態を作るも良し。

特にランニングをしていると、ふと色んなアイデアが浮かんでくることがあります。

これは脳科学的にも実証されているんですが、ここで出てきたアイデアをもとに情報発信ができますので、ネタに事欠きません。

 

事実、私もこのブログのネタの大半はランニング中に考えています。

ランニングをランニングだけで終わらせるのは非常にもったいない!特にホノルルマラソン完走と言う目標を立てたのであれば、ぜひビジネスとも結びつけながら取り組んでいきましょう!

 

画像がみつかりません。

アーカイブ

2019

最新記事

お知らせ

これまで計330名が受講した、パワートレーニング入門セミナーのオンライン版がリリースされました。

詳細はこちらをご確認下さい。

_2018-01-05_22.27.58.png

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2019 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.