MENU

ホノルルマラソン前日の調整方法〜ホノルルマラソン 2014参戦記〜

2014年12月18日

ストレッチサポートの浦中です。


ホノルルマラソン参戦記1日目2日目のブログに引き続き、今日は3日目です。

この日はホノルルマラソン前日ということで、コンディションの調整法が翌日のレース本番のパフォーマンスを左右します。


基本的に、レース本番前日のこの日は、完全休養です。

ランニングは一切しないだけではなく、なるべく歩かない、立ちっぱなしの状態にしないのがポイントです。


s_r.jpg

基本的にマラソンの前日は、足が疲れることは何もしないというのが鉄則なんです。

ですが、今回はホノルルマラソンということで、何もしないのももったいない・・・。


事実、メンバーの方は暇を持て余してしまった・・・

という方もいらっしゃいました。


そこで、ホノルルマラソン用のレース前日の過ごし方をまとめてみましたので、参考にしてみてください。


①デスクワークをする

わざわざホノルルまで来て、仕事ですか!?

と言われそうですが、実は、非日常環境の中での仕事は結構はかどります。

海を見ながらとか、ちょっとハワイっぽいカフェでやると、数時間であればあっという間に時間が立ちますし、変な誘惑も少ないのでお勧めです。


②読書をする

デスクワークと似てはいますが、中には「私の夢はお金や時間の制限なしで、南の島で読書なんかをして過ごしたい・・・」という人もいると思います。

ホノルルに来ている人で、お金や時間に余裕のある人は別ですが、サラリーマンをやりながら頑張ってきた人であれば、夢の生活の模擬体験ができるわけですから、ぜひゆっくり読書をしてみるといいでしょう。

セルフイメージもアップするはずです。

場所はビーチかカフェでしょうか。


③トロリー観光

3つ目は歩きまわらずに、ホノルルを観光する方法です。

JTBやHISなど、どこかのツアーで着ている人であれば、トロリーバスという無料の観光バスを使うことができます。

上記の写真参照。

ホノルルのトロリーは4つほど路線があります。

ダイヤモンドヘッドやワイキキビーチ周辺、カハラ・モール、アラモアナなど、主要なポイントはバスで回れますので、ハワイの風を浴びながら、ゆっくりバスに揺られるのもいいのではないでしょうか?



さて、実際のレース本番は朝5時スタートです。

スタート地点までは、徒歩で移動しなければなりません。

宿泊する場所によっては、結構歩くことになりますので、朝2時〜3時には起床する必要があります。


そこで、前の日は夜の8時〜9時には寝ておく必要があります。

つまり、夕食は5時くらい、水分補給や必要であれば、アミノ酸の粉末を飲んでから寝るようにしましょう。


心も体もリラックスしながら、コンディションを調整するといいと思います。


P.S.

具体的なコンディションの調整法に関しては、下記のメール講座の中でもお伝えしますので、ぜひ登録しておいてくださいね!


画像がみつかりません。

アーカイブ

2019

最新記事

お知らせ

これまで計330名が受講した、パワートレーニング入門セミナーのオンライン版がリリースされました。

詳細はこちらをご確認下さい。

_2018-01-05_22.27.58.png

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2019 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.