MENU

フルマラソンのトレーニングはチームでやるから意味がある!

2014年10月30日

ストレッチサポートの浦中です。


フルマラソンのトレーニングと言うと、一人で黙々とトレーニングをしていくイメージがあると思うんですが、それだけではフルマラソンを走るという魅力を最大限に引き出すことができていません。


確かに一人でトレーニングを積むことも大事ですし、一人の時こそ色んなアイデアを練ったり、一日を振り返ったり、頭の中を整理できます。

しかし、意外かもしれませんがフルマラソンのトレーニングに必要不可欠なものがチーム(仲間)です。

毎回、誰かと走りましょう!と言いたいわけではありません。

ほとんどのトレーニングを個人で行っていても、例えばフルマラソンを完走するという目標をチームで共有していくことが大事になってきます。

10524715_504697876331293_5125670083853481755_n.jpg

今、 現在進行中で「ランナーズハイ」という企画をやっています。

この企画は半年でフルマラソン完走を目指しながら、同時に情報発信のビジネスを学び、実践していくというものです

ただフルマラソン完走を目指し、トレーニングを積んでいくというものではありません。


今はまさに、個人が手軽に情報発信をできる時代です。

と同時に、情報発信をしていかなければ、ビジネスをしていく上で大きな不利益が生じてしまうほどです。


なぜ、フルマラソン完走とビジネスなのかというと、両者には多くの共通点があるというのが1つ

もう一つは、マラソンのトレーニングをすることでビジネスにプラスとなる効果がいくつもあるからなんです。

詳しくは、ぜひこちらをご覧ください。


実際に20名程の皆さんとチームを作り、ビジネスもフルマラソン完走も目標を達成できるように取り組んでいるんですが、基本的に毎回のトレーニングは個々人で行います。

たまに皆で集まって走ることもあるんですが、個人が中心です。


私が何らかの指導を直接行うものでもありません。

もちろん、指導はするんですが、基本はオンライン上です。動画のコンテンツや音声コンテンツなど。


こういった状況でも、しっかり成果が出てきています。

コツコツやることが一番ですが、コツコツやる仕組みがやっぱり必要です。


このチーム内では、毎回のトレーニング報告をFacebook上で行います。誰かがやっているから、私も頑張ろう、ちょっとサボってたけど、仲間が頑張ってるから自分もやらなきゃ・・・

といった刺激をし合える仕組みがあることで、しっかり取り組んでいる人は成果が出ています。


ビジネスもマラソンのトレーニングもやっぱり女性が強いなーっていう印象です!

非常に安定しています!!


ぜひ、現段階でフルマラソンのトレーニングを一人で頑張っているあなた、ぜひ同じ目標を持った仲間を見つけて、一緒にトレーニングをしていただければと思います。


もちろん、私たちと一緒に取り組んでいただければ、非常に嬉しいです!

 

 

画像がみつかりません。

アーカイブ

2019

最新記事

お知らせ

これまで計330名が受講した、パワートレーニング入門セミナーのオンライン版がリリースされました。

詳細はこちらをご確認下さい。

_2018-01-05_22.27.58.png

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2019 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.