MENU

フルマラソンのトレーニングでランニングフォームの修正は必要?

2014年10月27日

ストレッチサポートの浦中です。


特にフルマラソンのトレーニングを始めたばかりの頃は、自分自身のランニングフォームが気になります。

果たして、怪我をしないランニングフォームなのかどうか、正しい動きをしているのかどうか。

外を走るということは、多くの人の目にさらされるということでもあるので、見た目を気にしてしまうということも考えられます。

結論から言うと、ランニングフォームは基本的に修正する必要はありません

なぜなら、フルマラソンのトレーニングをやり始めた初期の段階では、ランニングフォームを修正する余裕なんてないからです。

4251633482_9864cf16d4_R-620x372.jpg

あなたが思っている以上に、ランニングフォームは簡単には修正できません。

あなたの身体の動きは、日頃の姿勢や動きの癖が出ているので、意識しただけでは変えることができないんです。

もちろん、全く「ランニング」になっていない場合は別ですが、基本的に人間はある程度、しっかり走ることができます。


例えば、ランニングフォームが腰を反った状態だったとしましょう!

この人に、ランニング中は腰を反らないようにしましょう!とアドバイスをしても、修正することはできません

一時的に修正することはできても、1時間も走っているうちに、再び腰を反った状態でランニングをしていることでしょう。


腰を反った状態でのランニングは、腰痛の原因にもなりかねませんし、マラソンのパフォーマンス自体を低下させる原因にもなるかもしれません。

このようなランニングフォームでも、修正しない方がいいのか?


その場で修正させようとしても、上手く修正はできないので、ランニング中ではなく、ランニング以外のトレーニングやエクササイズの中で修正を図ります


例えば、ランニング中に腰が反っているのなら、腹筋が弱くなっているかもしれないので、腹筋を鍛えたり、体幹を安定させるようなトレーニングを行ったりします。


ランニングフォームの修正に関しては、高橋尚子さんが現役の時に指導者だった、小出義雄さんの著書にも同じようなことが書いていました。


トップアスリートであっても、修正した方が良いような箇所は存在します。

ですが、簡単にフォームは変わりませんし、仮にフォームが変わったとしても、今度は今までのように高いパフォーマンスが発揮できなくなるかもしれません。


キレイなランニングフォーム=高いパフォーマンスを発揮できる状態ではないことをぜひ覚えておいて下さい。

 

 

 


アーカイブ

2020

最新記事

お知らせ

2020年3月5日

ランナーズNEXTのオンラインサークルをリリースしました。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

.png

 

2020年2月7日

月刊トレーニング・ジャーナル2020年3月号、特集/トレーニングにおけるパワー測定において、ランニングパワーに関する記事が掲載されました。


詳細はこちらをご覧ください。


tj2020-03.png

 

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2020 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.