MENU

ビジネスパフォーマンスを上げるために必要なキーファクターとは?

2014年6月25日

ストレッチサポートの浦中です。


ビジネスやスポーツをやっている人であれば、何とかパフォーマンスを上げることはできないかと思ったことはないでしょうか?

ビジネスの場合は生産性や効率化といった方が、ピンとくるかもしれませんね。

 

そこで今回は、パフォーマンスを上げるために必要なキーファクターについて考えてみたいと思います。

 

スポーツにおける競技パフォーマンス、ビジネスにおけるビジネスパフォーマンス(仕事の生産性向上や効率化など)という切り口で考えてみましょう!


Unknown

私はスポーツの力で新たな価値創造をするというテーマで、毎回ブログを書いていますが、


もともと私のバックグランドは、「アスレティックトレーナー」という職業です。

 

もしかすると、耳慣れない言葉なのかもしれないので、簡単に説明させていただくと、

 

・アスリートのコンディションをベストの状態に保つ

・怪我が起きてしまった時に、応急処置をする

・怪我の予防をする

・監督やコーチ、ドクター、栄養士、その他様々なスタッフと連携を取り、選手との橋渡しをする

 

分かりやすく書くと、上記のような仕事内容です。(もちろん、他にも仕事は沢山あるんですが・・・)。

 

現在は一起業家として、ビジネスパーソンとして仕事をしていますので、「ビジネスパーソンのパフォーマンス向上」ということを、ある種のテーマにしています。

 

ビジネスパーソンのパフォーマンスというと、「労働生産性を上げる」「ビジネスで結果を出す」などが考えられますが、明確な定義は今のところありません。

 

アスリートの場合は、競技パフォーマンスが数値計測しやすいので、「パフォーマンス=結果」という関係が成り立ちますが、ビジネスパーソンの場合も、ほぼ同じような関係が成り立つと考えて良さそうです。

 

では、そのパフォーマンスはどうすれば向上させることができるのでしょうか?

 

スポーツの場合、スキルのある選手は競技パフォーマンスが高いのかと言われれば、必ずしもそうではありません。

 

スキルに加え、フィジカル、メンタルの力がパフォーマンスに大きく関係してきます。

 

経営者や起業家のような、ビジネスパーソンの場合も同じです。

 

ビジネススキルが高い、というだけでは結果や成果は上げることができません。

 

ビジネススキルの向上に加え、フィジカルとメンタルを高める必要があります。そして、ビジネススキル、フィジカル、メンタルを「高める習慣がある人が高いパフォーマンスを発揮しています。

 

つまり、ビジネススキルもフィジカルもメンタルの力も備わっていて、さらに日々の自己鍛錬ができる人こそ、最高のパフォーマンスを発揮できるのです。

 

そのためには、「セルフマネジメント力」が鍵を握ります。

 

ぜひ、ビジネスパーソンもフィジカル面、メンタル面の強化に取り組んでみて下さい!

  

画像がみつかりません。

アーカイブ

2019

最新記事

お知らせ

これまで計330名が受講した、パワートレーニング入門セミナーのオンライン版がリリースされました。

詳細はこちらをご確認下さい。

_2018-01-05_22.27.58.png

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2019 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.