MENU

ビジネスアイデアの意外な発想法とは?

2014年6月25日

ストレッチサポートの浦中です。

 

日頃、ビジネスシーンで良いアイデアが出てこない、売上げに繋がる企画がなかなか見つからない、なんてことはないでしょうか?

 

ここで重要なのは、黙って机の前に座り、ペンを片手に頭を悩ませてばかりではダメだということです

 

.jpeg

 

なぜなら、1つのことにとらわれていては、柔軟な発想が出てきませんし、その状態では脳の機能自体も低下してしまいます。

 

実は、新しいアイデアは色んなものの組み合わせであり、組み合わせるものは、多くの場合、既にあなたの頭の中に経験や体験、知識として存在しているのです

 

つまり、あなたが既に持っている知識や体験、アイデアを上手く引き出すことができていないので、新しいアイデアが生まれないと言い換えることができます。

 

ここでおススメなのが、ランニングです。

 

走りながら考えると、自然とアイデアが湧いてきます。

 

カラダを動かすことで、潜在意識下に眠っている情報を引き出すことができるんです。

 

よく、漫画やドラマのワンシーンで、歩きながら考え事をしている人を見たことがありませんか?

 

「走りながら考える」も、まさに同じことです。

 

注意点としては、アイデアを出そうと思ってランニングをしないこと

 

アイデアを出すことにとらわれてしまうと、逆にアイデアが出てきません。なかなか難しいですね・・・。

 

ですから、仕事やビジネスに行き詰まったら、気分転換に走ってみる。

 

気楽な感じで走ってみると、意外なアイデアが生まれるかもしれません。

 

ぜひ、やってみて下さいね!

  

画像がみつかりません。

アーカイブ

2019

最新記事

お知らせ

これまで計330名が受講した、パワートレーニング入門セミナーのオンライン版がリリースされました。

詳細はこちらをご確認下さい。

_2018-01-05_22.27.58.png

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2019 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.