MENU

スポーツとビジネスから課題解決の方法を学ぶ

2014年6月11日

ストレッチサポートの浦中です。


スポーツの世界で色んな経験をしてきて、その後、偶然が重なり経営者の健康管理をするようになったのが、今から3年前です。
自分も運動していたし、加えて事業もやるようになって、スポーツとビジネスには色んな共通点があるよなって気付くわけです。

 

.jpeg


アスリートのパフォーマンス=(競技)スキル×メンタル×フィジカルだと思うんですが、ビジネスパーソンのパフォーマンスも(ビジネス)スキル×メンタル×フィジカルです。

アスリートをサポートするのと同じように、現在は経営者やビジネスリーダーのハイパフォーマンスの実現を目指し、メンタルとフィジカルのサポートをしています。

ただ現状は「個」のパフォーマンスアップのサポートしかできていません。スポーツにも「チーム」があるように、企業にも「チーム」があります。

ハイパフォーマー集団=「強いチーム」なのかというと、そうじゃないですよね。
昔のジャイアンツみたいに、個々のポテンシャルは高くてもチームとしては上手く機能しないチームもあります。

「個」のパフォーマンスを引き出しながら、チームのパフォーマンスを高めるにはどうしたらいいのか?最初からそんな疑問を持ってたわけじゃないんですが、1年ちょっと前から池本さんのところで学んでいるうちに、「個」のパフォーマンスを引き出すだけでなく、チームのパフォーマンスを高めるサポートもできるんじゃないかと思うようになりました。

もともと池本さんが企業のコンサルティング現場で実践してきたノウハウを学び、スポーツの現場で実践していますが、課題解決のプロセスはスポーツのチームも企業も同じです。
スポーツ界で得たものはビジネスでも活用できるし、ビジネスで培ったものはスポーツでも応用できる。ここ数年でそんなことを感じているわけですが、企業の福利厚生に関しても、結局は課題解決な訳で、私たちはマッサージを提供する会社というわけではなく、企業の健康問題を解決するコンサルタントという位置づけです。


組織の問題解決と、健康に関する問題を解決できるのは当社だけだと思ってます。


 

画像がみつかりません。

アーカイブ

2019

最新記事

お知らせ

これまで計330名が受講した、パワートレーニング入門セミナーのオンライン版がリリースされました。

詳細はこちらをご確認下さい。

_2018-01-05_22.27.58.png

 

2018年10月1日、一般社団法人建築保全センターが発行する機関紙(特集:スポーツがもたらす未来)の中で記事が掲載されました。


詳細はこちら

 

11月22日発売の雑誌Tarzanにて、9月24日〜30日に開催されたアメリカのステージレース、Grand to Grand ULTRAに関する記事が掲載されました。

IMG_3347.JPG

 

7月28日発売の雑誌マウンテンスポーツマガジン「トレイルラン2017 夏号」ウルトラマラソンランナーたちに学ぶ より長く、よりラクに走るテクにて、取材記事が掲載されました。

summertop02.jpg

 

10月6日発売の雑誌 Tarzan No.705に取材記事が掲載されました。

s_lsd1.png

lsd2.png

会社情報

所在地

〒104ー0061
東京都中央区銀座3-11-3

東京メトロ銀座駅A12出口より徒歩5

都営浅草線東銀座駅A7またはA8出口より徒歩2

こんにちは(ご挨拶) 

戦略的にマラソンの目標を達成し、怪我の無いランニングフォームの獲得を目指していきましょう!

代表取締役
浦中 宏典


© 2019 マラソンに関する目標達成・戦略立案なら株式会社ストレッチサポート All rights reserved.